シャンプーで髪がきしんでしまう理由は?

シャンプーで髪がきしんでしまう

シャンプーをして髪がきしんだら、品質が悪いと思ってしまうかもしれませんが、基本的には当たり前のことです。

 

洗浄成分は汚れだけを落とすのではなく、油分も落とすものですから、髪はきしんでしまうのです。

 

つまり、シャンプーの品質が原因ということではないのです。

 

ですが市販のシャンプーにはシリコンがたっぷり含まれ、コーティング効果もあるため、使用するだけできしみも感じず、サラサラになります。

 

またしっとりした洗い上がりにもなるのですが、どちらも一時的な効果であって、髪の毛が健康になっているということではありません。

 

市販のシャンプーにたくさんシリコンが使われるのは、洗浄力が強い成分も多く配合されているからです。

 

洗浄成分が強力なので、そのままの洗い上がりだと髪はギシギシにきしんでしまうので、シリコンを大量に配合してごまかしているのです。

 

いくらシリコンできしまなくても、洗浄力が強い成分で洗い続ければ、髪や頭皮はダメージを受けて傷んでしまいます。

 

そのため、市販のシャンプーを使い続けているとトラブルが起こりやすくなってしまうのです。