ノンシリコンシャンプーの魅力や特徴は?

ノンシリコンシャンプー

最近注目されることが多いノンシリコンシャンプーですが、具体的な特徴としてはその名のとおり「シリコンを配合していないシャンプー」ということです。

 

シャンプーにシリコンが配合される目的としては、髪の毛をコーティングして指通り良くするという目的があります。

 

市販されているシャンプーの多くにはシリコンが配合されており、成分表示を確認してみるとシリコンと表記されているものはないのでわかりにくいかと思いますが、ジメチコンやシクロメチコン、シリル、シリカなどと表記されていればシリコン入りだと判断することができます。

 

シリコンが配合されているシャンプーの多くは石油系界面活性剤を使用している高級アルコール系シャンプーですが、洗浄力があまりにも強いため髪の毛のキューティクルを剥がしてしまうので本当は洗い上がりはきしんでしまうはずなのです。

 

指通りよく洗うためにシリコンを配合して髪の毛をコーティングしてしまうことでキューティクルを守るようにごまかしているに過ぎません。

 

確かに洗い上がりはサラサラとしていますが、頭皮に付着することで毛穴を塞いでしまい皮脂汚れをそのまま残してしまうのでかゆみやフケなどの頭皮トラブルを招いてしまいます。

 

頭皮トラブルを抱えている方は特にシリコンを配合していないノンシリコンシャンプーを使うことが推奨されています。