抜け毛はシャンプーと関係は密なの?

シャンプーと関係は密

シャンプーは最近では抜け毛や脱毛に繋がると言われていますが、頭皮トラブルには繋がりやすいです。フケ・乾燥・脂性など多くが関係しています。

 

それも頭皮は皮膚でも薄いですし、皮脂量も多いので何かとトラブルも多かったりしますのでケアもできれば慎重な方が本来良いのですが、市販系シャンプーは刺激が強いんですよね。

 

刺激が強い分頭皮を自己で守るために皮脂量が多くなると言うのもありますが、男性は元々皮脂量が女性に比べると多いんですよね。そのため刺激に繋がりやすい状態になったら皮脂量が増えやすくなります。

 

皮脂量が多くなると酸化しやすくなるので過酸化皮脂は臭いやすくなりますので皮脂は洗い流さないと雑菌が繁殖しやすいので皮脂を流し過ぎないと言うのは個人間によって違いがあると言う事になります。

 

頭皮環境が悪くなると毛根との接続する部分が弱くなるので抜け毛は増えやすいんですよね。ただ遺伝との関係性が強いので特に遺伝的な背景がある場合はシャンプーの適切なケアも大切です。

 

頭皮を良い状態に保っておくと言うのは抜け毛の危険因子を減らすことにも繋がります。石油系界面活性剤とも呼ばれている硫酸系洗浄成分は植物からも生成でき、今ではほとんど植物性で弱酸性で売られています。

 

なので植物性だから優しいとも言えないし、弱酸性だから良いとも言えないんですよね。しっかりと頭皮にあったシャンプーを見つけていくとうのが大切になってきます。まずは頭皮ケアしやすい様なノンシリコンのアミノ酸系洗浄成分を使用した無添加シャンプーを選んでみると良いでしょう。

 

かゆみや乾燥しやすい方はより洗浄力が低いのを選ぶと良いですね。