洗浄成分によってシャンプーが分かれている

洗浄成分

シャンプーと言えばドラッグストアなどで安く売られている高級アルコール系のものが主流でしたが、今では色々なな種類があります。

 

多すぎてどれを選べば良いのか分からないという方もいるようですが、シャンプーの種類は洗浄成分によって、高級アルコール系シャンプー、アミノ酸系シャンプーろ石鹸系シャンプーの3種類に分けられます。

 

この中から自分の髪や頭皮の状態に合った洗浄成分を選ぶといいでしょう。

 

高級アルコール系シャンプーで使われる洗浄成分は、ラウレス硫酸Naなどラウレスという名のつく石油系合成界面活性剤です。

 

これは、安く大量生産が出来るので、市販されているシャンプーの主成分の中心となっています。

 

泡立ちがよく洗浄力も強いので、頭皮や髪の汚れをしっかり落とすことが出来るのがメリットですが、その反面、強い脱脂力により皮脂を取りすぎてしまいます。

 

刺激も強いので頭皮に与えるダメージも大きく、使い続けるとかゆみが起きたり、抜け毛が増えることもあります。

 

また、髪のキューティクルも剥がしてしまうので、髪のぱさつきや広がりなどの症状の原因にもなります。

 

抜け毛や頭皮のエイジングケアをしたい方は、こちらの女性 育毛シャンプーのランキングサイトにあるようなシャンプーを使用していくと毎日のケアによいでしょう。

▲洗浄成分によってシャンプーが分かれている 上へ戻る
洗浄成分によってシャンプーが分かれている 先頭へ戻る