アミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーはどう?

アミノ酸系洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーですが、シャンプーには高級アルコール系や石鹸タイプなど大きく分けて3種類あります。

 

石鹸は頭皮の状態を良くするという意味では結構良いですが、髪がきしんだり、石鹸ならではの癖があります。石鹸シャンプーは正しい使い方をしなければ逆にデメリットとなる部分もありますので注意が必要です。

 

また石鹸はノンシリコンというのを忘れている方も結構いるかと思いますが、アミノ酸系洗浄成分を使用したノンシリコンシャンプーが増えてきました。石鹸シャンプーもノンシリコンなので頭皮や髪によいですが、注意点として、まず注意していただきたいのが、すすぎをしっかり行なうことです。

 

石鹸成分が頭皮に残っているとフケやかゆみなどのトラブルを招きやすくなってしまいます。

 

また、洗浄力が強めなので場合によっては必要な皮脂までも取り去ってしまう可能性があります。そのため元々乾燥していたり、敏感肌の方の場合はトラブルが起こりやすいと考えられます。

 

洗浄成分がアルカリ性で髪の毛は弱酸性であることから、キューティクルが開きやすいので洗いあがりが悪く感じられてしまいます。クエン酸水または酸性の専用リンスを使用しなければ良い洗いあがりを実感しにくいという点も考えられます。

 

このように石鹸シャンプーの場合は使い方によってメリットとデメリットがはっきり分かれますので、正しい使い方を実践しなければいけません。

 

 

▲上へ戻る